男の人と女の人

代行業者に依頼すれば宿泊問題に貢献できる|airbnbという方法

  1. ホーム
  2. 相続税の減税効果

相続税の減税効果

集合住宅

建物管理の容易さ

日本では相続税の大幅な見直しが行われたため、存続税を支払う層が拡大しています。マンション経営は相続税の減税効果が高いので、不動産価格の高い地域を中心に取り組む人が増加しています。相続税の増税実施以降、金融機関や不動産業者を中心に節税効果の高いマンション経営のセミナーが実施されています。マンション経営のセミナーは無料で聴講することが出来ますが、事前の予約が必要となっており、開催日の直前に申し込んでも満員を理由に断られるケースが散見されています。不動産を保有していると相続税評価額を根拠にして課税されますが、土地にマンションを建設すると事業用資産として評価額の減額を甘受することが出来ます。マンションの建設費は昨今の建設工事費の高騰の影響もあり、自己資金で負担することが難しいケースもありますので、金融機関から建設資金の借り入れを行うことになります。現在は歴史的な低金利で調達することが可能となっておりますし、金融機関からの借り入れは相続税評価額から控除されることになりますので、二重の意味で節税効果を享受することが出来ます。マンション経営上も低金利での調達は事業にとって大きな要素となりますし、マンションの投資の最初の時期は満室稼働をしないケースも想定されますので、実質赤字となることで総合課税で有利に働くことになります。マンション経営は個人でも維持管理が難しくありませんので、取り組みやすい投資対象となっています。